一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015年01月07日 | - | - | - |
2014年8月30日にバンコクにてグローバルキャリアセミナーが開催されます。下記主催者からの開催告知です。

■タイでの人材紹介経験を経て、日本に戻ったキャリアコンサルタントが目にした 、日本におけるグローバル人材採用事情の現状とは?
■日本の転職市場で求められるもの、評価されるポイント
■海外経験がプラスになる方、ならない方の違い・・・。

(こちらのページからもお申込み頂けます!
http://kokucheese.com/event/index/207965/ 

日清食品、リクルート、楽天などの大手企業から IPO前のベンチャー、自動車部品メーカーなど 「グローバル人材を積極的に採用したい」とする企業と取引をしていく中で 目の当たりにした、「本当に求められるグローバル人材像」について 解説します。

率直なところ、8年ぶりに日本の人材業界に戻ったら 転職市場が様変わりしていてとても驚きました・・・。

あまり公に出来ない企業のホンネなども お伝え出来ればと思っています。

※参加費:500バーツ(日本円でお支払い頂く場合は1500円)
当日受付にてお支払い下さい。
領収書が必要な方は8月26日(火)までに事務局へお申し付けください。

お問い合わせ先
PGSグローバルキャリアセミナー in BKK事務局
info@probity-gs.com

==========
主催:プロビティ・グローバルサーチ株式会社
www.probity-gs.com
==========

| 2014年08月24日 | 海外就職への道 | - | - |
シンガポール

英誌「エコノミスト」から毎年発表されている「世界で最も物価が高い都市」が今年も発表されました。去年の最も高い都市は、東京でした。今年は、東京は、6位となりました。

※こちらは、円安の影響によるとも言われています。

そして、今年のランキングは、下記の通りです。

1位 シンガポール・シンガポール
2位 パリ・フランス
3位 オスロ・ノルウェー
4位 チューリッヒ・スイス
5位 シドニー・オーストラリア

海外就職先として人気のシンガポールが世界で1番物価が高い都市という調査結果がでました。しかし、実際にシンガポールに住んでいる人は、一応に東京より安いと感じる人が多いようです。

シンガポールは、常夏のため、冬服を買わなくてよい、永住権を持っていない場合には、年金も払わないので手取り給料額が高い、ホーカーセンターという屋台のようなお店で気軽に食べれるので、食費が安い、国土が狭いので移動距離が短く交通費安いなど、一般的な現地採用の人にとって、物価は東京より安いと感じる人が多いようです。

| 2014年03月06日 | 今 海外生活で思うこと | - | - |

今まで海外就職の光と影について色々書いてきましたが、今回は、「これから高校生が海外就職を目指すなら」どうすればよいか独断と偏見の意見を書きたいと思います。

海外就職は、一言に海外就職と言っても人それぞれ目的もゴールも異なります。また世の中もどんどん変わってきているので時代と共に日本人にとっての海外就職も変わってきています。もしもこれから高校生が海外での活躍、グーロバルな社会で活躍を望むなら、を前提に独断と偏見を書いてみたいと思います。

高校生でこれから海外、グローバルに活躍したいなら、迷わず、理系に進むことをオススメします。


海外で活躍したいなら理系を薦める理由

なぜ文系ではなく理系か、それは技術力を身につけることができるからです。現在、多くの日本人は海外で働いていると言っても日本に関係する仕事、日本のマーケットを担当し日本人枠として採用されています。

しかしこれからもそのような状況が続くとは限りません。日本人だから日系企業、日本のマーケットを担当は、日本人でなければならないという時代はこの先、続くかわかりません。

国境や国籍、肌の色を問わずに活躍するには、グローバルな企業のオフィス言語である英語で勝負しなければなりません。英語圏で生まれ育った完全なバイリンガルならまだしも、日本で育った場合には、英語圏だけでなく多くの他国にも英語力では勝てないことがあります。

その際に役立つのは、技術です。

理系、技術職は、他の営業や経理など文系の仕事に比べ、語学の壁はずっと低いです。語学力が低くても技術力でカバーできます。


理系卒しか就けない仕事はあっても文系しか就けない仕事はない

また、理系の場合、理系卒業でしか応募も採用もされない仕事が多くあります。技術職は文系卒だと就職は、ITを除きほぼ不可能だと思います。

しかし、逆に理系卒の場合には、文系の仕事にも問題なく応募することができます。例えば、文系卒業後、営業職についても、ただの営業となりますが、理系卒の場合には、技術営業として働くこともでき、理系の方はプラスアフファのスキルを持った営業職につける可能性があります。

また、海外では当たり前のようになってきている修士号についても、文系卒業が理系の大学院に入学することは非常に難しいですが、理系卒業の場合には、問題なく文系の修士やMBAにも問題もなく入学できます。

極端に言ってしまうと、文系の勉強は、本で独学でもできる、または就職後に独学、または会社の業務を通じて行うことができますが、理系の場合には、本からの独学は難しく、仕事にも基礎知識が予め必要とされるため、知識や学位がなければ職につくことができません。

これから先、日本人として国境、人種を超えて海外で活躍したい場合には、迷わず理系に進み、技術力を付けることをおすすめします。英語、経営学を勉強したい場合には、独学でもまたは社会に出てからでも勉強することができます。

以上、コテコテの文系卒業者の著者からの高校生に向けたアドバイスでした。

| 2014年02月18日 | 海外就職への道 | - | - |
海外で働きたい人にとってもっとも役立つ情報は、実際に海外に住んでいる人の話を聞くことだと思います。海外就職についての情報サイトはここ数年でものすごく増えましたが、その中でも個人的にオススメするサイトは、下記のサイトです。

■ なでしこVoice


nadesiko


女性に特化したサイトなので男性にとっては、ピンと来ないと思うかもしれませんが、海外、特にアジアでは、女性が活躍しています。男性の海外就職希望者もこのサイトを見て、なでしこには、負けてはられないと自分を奮い立たせることができると思います。

また、なでしこVoiceでは、定期的に海外就職に役立つセミナーを開催しているようです。日本にいながら海外の前線で働いていた人の話が聞けたり、これから海外就職を目標としている人に出会えることは、とても有意義な時間になると思います。

| 2014年02月07日 | 海外就職への道 | - | - |

遅くなりましたが、2014年、明けましておめでとうございます。

今年は、記事や求人情報とはまた別に、何か違った形でも海外就職に役立つ情報をお届けしたいと思います。

去年一年の記事を振り返ると、海外就職についてのネガティブな話が多かったように思います。これは、安易に海外就職を勧めるのではなく、海外就職は、まさにハイリスク、ハイリターンであることを伝えたかったからです。

本日は、海外就職にかからず、これからの人生、悩んでも考えてもいまいち一歩が踏み出せない方に是非見ていただきたいビデオを紹介します。



子供の頃、タオルを首にまいただけでスーパーマンになった気分で 何でもできる気がしました。

子供の頃、木に登るときに、落ちたらどうしようなんて考えませんでした。

子供の頃は、リスクを恐れず思ったことは何でもすぐに実行しました。


実際、大人になった今はどうでしょうか。


同じようにあれがしてみたい、これがしてみたいってアイデアは子供の頃と変わらず持っているのに、

出てくるのは、失敗したらどうしよう、、、

失敗への恐怖でアイデアを実行に移すことができません。

人生において大事なことは、自分を信じてアイデアを実行することです。

人生において遅すぎることなんてありません。

自分を信じてやりたいことを実行しましょう。


2014年海外就職を目指せ!管理人。

Check
| 2014年01月10日 | 今 海外生活で思うこと | - | - |
Copyright (C) 海外就職を目指せ! -海外就職情報ブログ. All Rights Reserved.