一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015年01月07日 | - | - | - |
マレーシア クアラルンプールの日常生活


マレーシア クアラルンプール 格安旅行の最終章です。過去のクアラルンプールまでの道のりは、こちらを読んでください。

マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その1】
マレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その2】

プーケットから2泊3日のマレーシア旅行。エアーエイジアでわずか399バーツ(1200円)でチケットをとったもののお約束のフライトの遅れで、クアラルンプールのホテルについたのは、夜10時でした。

ホテルは、ネットですぐ空室が確認できるオクトパストラベルでとりました。



インスタント予約が売りなので、空室があるホテルをその場で予約できます。

そして翌日よりクアラルンプール観光の開始です。朝、9時ホテルを出て、有名なツインタワーに行きました。ここは、朝無料で展望台へのチケットが配られてます。しかし、完全予約制のため、朝早く行ってチケットをもらう必要があります。

朝、9時半につきましては、自分の展望台に行ける時間は、4時半でした。チケットさえ手にすれば、あとは指定される時間に行けば良いです。

まず、10時の開店と同時に、KLツインタワーの中に入ってる紀伊国屋(伊勢丹内)に行き、地球の歩き方 マレーシアを立ち読みし、頭にたたき込み、そこから観光をはじめました。


クアラルンプールの観光スポット ツインタワーからのクアラルンプールの町並み


きっと郊外に行けばもっと見所はあると思いますが、市内観光だったら1日で十分です。ブラブラとクアラルンプールの主要観光地を歩き回り、そしてチャイナタウンへ行きました。

今回のもっともお目当て、日本語のDVDを買うためです。プーケットには、もちろん日本のDVDは売ってません。たまにVCDがありますが、タイ語に吹き替えられてます。

そしてどれを買うか悩んだ末、日本のドラマを何本か買い、4時半にツインタワーに戻り、ツインタワーからクアラルンプールを眺め、夜は、ホテルの近くで足裏治療院とかなんとか書いてある足ツボマッサージを受けました。

マレーシアは、今回2回目。クアラルンプールは初めてですが、印象は、英語が通じる。これに限ります。

マレーシアには、主にマレー系、中華系、インド系の3つの人種がすんでいてここら辺は、お隣シンガポールと変わりませんが、むしろ、シンガポール人よりもマレーシア人の方が英語できるのでは無いかとさえ感じました。

そんな、こんなでわずか2泊3日。行きと帰りは、一切観光してないので事実1日のみのクアラルンプールでしたが、それなりに楽しかったです。


プーケットで働き初めて2年。行った海外旅行先は、
■ カンボジア
■ シンガポール
■ マレーシア
■ ラオス
■ ベトナム

タイでの給料は、安いですが、お休み、有給が気軽に取れること、周辺のアジア諸国に気軽に行ける事が何よりのメリットです。アジアで海外就職。旅行好きには、特にお勧めです。






海外に行く前に無料で英語を勉強しましょう。
海外に行ってからでは遅いです。




海外就職している人のブログを探してみましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログへ


| 2006年12月17日 | 海外旅行記 | comments(2) | - |
KL ツインタワー マレーシアの観光スポット


話は、前回のマレーシア クアラルンプール 格安旅行 【その1】に続き、フライトが遅れること3時間。無事マレーシアの首都、クアラルンプール 通称KLにつきました。

そうなんです。エアーエイジア(Air Asia)という激安航空会社でマレーシアまでやって来ましたが、この格安航空券には、欠点があります。

ディレイ(delay)です。出発時刻の遅延です。

安いので文句は言えませんが、今までエアーアジアを利用すること10回以上。時間通りに飛び立ったことは、2,3回です。

普段は、1時間から3時間程、予定時間を遅れて飛び立ちます。なお、ネットでチケットを買う際にタイやその他アジアの国のSMS(ショートメッセージ)が受信できる携帯を登録しておくと、フライト時間の変更が合った場合には、メールでお知らせしてくれます。

そしてプーケットから1時間で着くはずのマレーシアでしたが、プーケットの空港で3時間も待たされ、ようやく首都、マレーシアに到着しました。

マレーシアと言えば。。。やっぱり、この写真のツインタワーが有名じゃないでしょうか?早速上ってきました。


マレーシアの滞在編は次回に続きます。

----------------



海外に行く前に無料で英語を勉強しましょう。
海外に行ってからでは遅いです。




海外就職している人のブログを探してみましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログへ


| 2006年12月16日 | 海外旅行記 | comments(0) | - |
格安航空券 エアーアジア 激安航空会社

マレーシアの首都。クアラルンプールに行ってきました。
海外に住んでで良かったなって思う瞬間、
それは、周辺の国に気軽に格安で行けることです。

今回もエアーエイジアと言う、格安航空券で言って参りました。
プーケット − クアラルンプール 399バーツ(1200円)です。

実際には、税金や燃料費などでその他にもかかり、プーケット クアラルンプール間の往復合計金額は、10000円弱です。

それでも安いです!日本だったら1万円だったら外国には行けません。

プーケットから1時間弱。マレーシアの首都。クアラルンプールに到着です。

ここまでにかかったお金:

リエントリービザ :3000円
タウンからプーケット空港まで:エアポートバス:240円
航空券 エアーアジア: 1万円
プーケットの出国税:1500円

※タイでノンイミグラントビザ(ビジネスビザ)を持っている人がタイをでるとそのビザが無効になってしまうため、出国前に必ずイミグレでリエントリービザが必要です。シングル1000バーツなり。


その2:マレーシア 滞在編へ続く

-----------------------------------


海外に行く前に無料英語を勉強しましょう。
海外に行ってからでは遅いです。





海外就職している人のブログを探してみましょう。
にほんブログ村 海外生活ブログへ


| 2006年12月15日 | 海外旅行記 | comments(0) | - |
ローマに行った際にセリエAを見に行きました。まず、ローマに行くことに決めたときいろんなサイトで試合日程を調べてたら偶然、2月2日にローマをホームとするラッジオ(LAZIO?)の試合があったので見に行くことにしました。

でも日本でチケットを買えるサイトを調べるとどこも1万円ぐらいしました。これは絶対現地の方が安い!と決め付け現地に行ってからチケットを取ることにしました。

現地のホテルのフロントの人に聞いてみると、決勝を決める大事な試合とかよっぽどのことじゃない限り、当日でもチケットは取れるとのでした。

チケットは、ローマの試合だったらローマ市内にあるオフィシャルショップ。ラッジオの場合もローマ市内にあるユニフォームとか売ってるオフィシャルショップで買えます。

当日、お店に行くと、日本語でチケットあります。とか書いてあり誰でも簡単に買えます。座席表があり値段はまちまちですが、ゴール裏の一番あつい席を購入しました。

16ユーロでした。(2000円程度)日本よりはるかに安いです。というか日本はボッタリです。

それで、試合会場は、ローマのちょっとはずれにあり、昼間はバチカン市国をぶらぶら観光して夜、そこから歩いて会場に向かいました。ラッヂオのゲームといっても知っている選手がいるわけではないのでその場を楽しむといった感じでした。

感想は、本当に感動しました!サポートが1時間ぐらい前になると応援が始まり、ゴール裏は全員総立ちであの低ーい声での応援が始まります。

日本だったら、日本ちゃちゃちゃ♪みたいなかわいい感じですが、本場セリエアーは迫力が違うなといった感じでした。もちろん発炎筒もそこらじゅうでモコモコでててこれぞテレビでみるあのフーリガン!カッコいいってな感じでした。(笑)

でも実際には、恐いようなことは一切なかったです。見渡す限り、日本人は、私と友人の二人だけでしたが、サポーターは皆試合に夢中でみんな自分の世界に入っているといった感じです。

セリエA サッカー観戦に行ったときの様子。ローマでのラッジオのゲーム


サッカーに興味ない人も、応援するチームがない人も、あの場を体験するだけでもすごい良い思い出になると思います。オススメです。

でも、昨日の日本対北朝鮮戦もserieAに負けず劣らず興奮しました。
| 2005年02月10日 | 海外旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローマまでの最も安い飛行機は、アエロフロート航空でした。(実際には予約時まで航空会社未定のチケットでした)インターネットでこの航空会社について調べてみると、予定通りに飛ばない。すぐ路線がキャンセルになる。ロシアの空港を通ると荷物がなくなる。

などなど出てく出てくる色々とうわさが飛び交っている航空会社でした。でも安い時間があるからいいや。と思ったのとそのうわさ検証のためチケットを取ってみました。

まず、13:00発のモスクワ行きでモスクワでトランジットしてモスクワで一泊(ビザがないので乗り継ぎ者用ホテル(トランジットホテル)滞在)翌日ローマ着の予定でした。

当日、荷物を預けて成田でチャックインカウンターに行くと予定通り!?搭載機材到着遅れという理由で17:00に出発時刻が変更になりました。おう!いきなり4時間遅れです。

航空会社からは、お詫びとして成田空港で使える1200円までの食事券をもらいました。もともとモスクワでの乗り換えは8時間あったので別に私には影響はなく逆に食事代が浮いてラッキーって感じでしたが、他のヨーロッパの国に行く人は、トランジットする予定の便に乗れなくなりかなり困惑していたようです。

ところで搭載機材の到着遅れって何なんだろって今でも思います。

そして、18:30に予定より5時間半遅れで成田を出発しました。(笑)飛行機は、8割ぐらいが日本人客でこの先どうなるのか、目的地のホテルのキャンセル料金はどうなるかと話している人が多かったです。

飛行機の中は、とりわけそんなに悪いものではなかったです。機内食は、逆に他の航空会社よりおいしく感じました。

フライトアテンダントも特にサービスが悪いってこともなかったです。でも日本語も英語もアナウンスは何を言っているのかさっぱりわかりません(笑)無事モスクワの空港に着陸すると乗っていたロシア人から拍手喝采。

なぜ?やっぱり何か飛行機に問題でもあったのかな?なんて思ってしまいました。

そしてロシアの空港では、なんとホテルはすでにいっぱい。予約していない人は、すべて泊まれませんでした。そこでまた例の、食事券の配布で終了でした。フランス行きの方が多くいたみたいですが、みんな空港の鉄のベンチで一夜を明かしました。

ロシアの空港は、そんなこんなでたくさんの人がそこら辺で寝ているので怖いということはありませんでしたが、空港のロシア人職員に笑顔はなくホント冷たい感じでした。でも話しかけてみると以外に普通でした。

翌日は、予定よりわずかに1時間しか遅れず出発しました。(笑)

エアロフロートは、ヨーロッパ全域をカバーしててとにかく安いのが売りですが、噂どおり、時間通りに出発することを望むことが不可能に近いので、2時間でトランジットとかの人は乗り換えできない場合も考えておいたほうがいいですよ。

やっぱりエアロフロートは、時間によっぽど余裕がある人しか利用してはいけません!身に持って感じました。逆に学生や時間に余裕がある人は、この何がおきるかわからないアエロフロートを体験してみるのも良い経験になります。

そんなこんなでしたが、無事翌日ローマにつきました。

本当のこの航空会社の恐ろしさは、帰国便にて思い知りました!!!!なんと、噂どおり荷物の中から物がなくなりました!帰りは、バックパックを預けたんですが、その中から、お土産に買ったビール5本、チョコレート4個がすっかりなくなってました。

日本に着いたときにバックのひもとチャックがなぜか全開にあいててあれ?と思ったのですが、衣類や本などすべてあるものの、ビールとチョコレートだけがこっそりとなくなってました。不思議です。もともと貴重品は一切入れてなかったので被害は10ユーロ以下(1400円未満)ですみましたが、やられた!といた感じです。

もちろん、イタリア、ロシア、日本の空港を通ったので、どこの空港職員によって盗まれたかは定かではありませんが、本当にこんなものを盗むなんて恐ろしいのと同時にちょっと笑えます。

皆さんもエアロフロートを利用するときには、心してかかって下さい。
ちなみに帰りの飛行機は、3時間しか遅れませんでした。(汗)

ローマ旅行の際に利用したエアロフロート ロシア航空の機内食

| 2005年02月08日 | 海外旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
1月31日月曜日から2月5日までイタリアのローマに行ってきました。現在、無収入なので行くべきか迷いましたが、この与えられたフリーの時間を有効活用しようと思って、思い切って貯金を崩し行ってきました。もちろん、貧乏旅行です。今回かかった費用を紹介します。

航空券     : 46,800円
現地で使った金額: 35,000円
____________________
合計      : 81,800円

※上記の他に、旅行会社に空港使用料金、成田までの交通費がかかりました。

航空券は、海外格安航空券の24時間自動予約 イーツアー  ヤフートラベル、トラベルコちゃん、歩き方ドットコムの中で最安値のものを選びました。航空会社は、あの悪名高きアエロフロートです。もちろん問題がなかったワケありません。詳しくはまた、後で書いたいと思います。

現地で使ったお金は、ホテル代、食費、現地での交通費、観光地での博物館とかの入園料、セリエAのチケット代などすべてです。

ホテルは、ユースホステルのようなトイレ、シャワーは共同のホテルで1日1部屋50ユーロでした。(1ユーロ140円)友達と2人でとまったので1人25ユーロでした。簡単な朝食もつきとても快適なホテルでした。

イタリアの物価、以前通貨がリラだった時代は物価が安いといわれていたらしいのですが、現在1ユーロ140円ですので、物価が安いとは感じませんでした。日本と同じ、もしくはそれ以上に感じるものもありました。特に観光名所では、飲み物の値段もスーパーで帰るペットボトルの水が3倍ぐらいの2.5ユーロ(300円以上!)で売られてたりしてびっくりです。

ローマの街は、思ったより広くなり十分に自分の足だけで見て回れます。8万5千で思いっきりヨーロッパを楽しめたのは、結構お得でした。それぞれの詳しい旅行記は順を追ってまた紹介したいと思います。


Click Here!

| 2005年02月08日 | 海外旅行記 | comments(2) | trackbacks(0) |
4万円台という超格安航空券が手配できたので今日からイタリアに旅行に行くことになりました。ヨーロッパに行くのは初めてで、ドキドキわくわくです。また、帰ってきてから旅行の様子を紹介したいと思います。
| 2005年01月31日 | 海外旅行記 | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright (C) 海外旅行記 | 海外就職を目指せ! -海外就職情報ブログ. All Rights Reserved.