一定期間更新がないため広告を表示しています

| 2015年01月07日 | - | - | - |
シンガポール就職


シンガポール独立記念日を翌日に控えた今日、こんなタイトルの記事を書いていいのかなーとも思いましたが、1個人としてこの「海外就職を目指せ!」というサイトを運営している以上、個人的に海外就職について思った光の部分も影の部分も1意見として紹介したいと思います。


注目され続けるシンガポール就職

シンガポールのブームは、ここ数年止まらず、次々と開発が進む高層ビルやマリーナサンズベイ、セントーサ島のユニバーサルスタジオなどバブリーな国の様子が毎日のように日本のテレビでも紹介されています。

また、日本での閉鎖的な職場環境や悲観的な将来を見据えてシンガポールに活路を見出したいと移住して来る人も毎年増えています。

シンガポールには、世界中から大企業が集まり、富裕層がシンガポールに居移住しているというのは、事実です。 そして、日本も例外なく、日本の内需の縮小から新たなアセアンマーケットの拠点、税制面のメリットを生かすべくシンガポールに進出してきています。

ここまでの話を聞くと、やはりこれからの時代、シンガポールだ。シンガポールで働けば、無限の可能性があると夢が膨む人も多いと思います。


シンガポールドリームは存在するのか?

昔、「芸能人は歯が命」のCMで話題になったホワイトニング歯磨き粉ですが、実際、CMに出演された俳優の方の歯は、真っ白で、あのCMをみると、誰もがあの歯磨き粉を使用すると、あのような白い歯を手に入れることができると想像し購入したと思います。

現在のシンガポールはそれに近いものがあるような気がします。

シンガポールの高層マンションやセントーサの数十億円の豪邸など、シンガポールでのバブリーな生活が映し出され、シンガポールで働くことにより、いずれ、もしかするとあのような生活を手に入れられるのではないか。と夢見てシンガポールで就職する人も少なからずいるのではないでしょうか。

しかし、それは、まるで都市伝説のような勝手な想像に過ぎないのが現実です。


成功したからシンガポールへ移住

たとえば、シンガポールに移住した著名人といえば、村上ファンドの村上氏、フェイスブックの創設者のサベリン氏、インドの通信王やオーストラリア1の富豪やニュージーランドの富豪などなどがいます。

シンガポールでバブリーな生活を送っている成功者達の大半は、シンガポールで成功を収めた企業や人ではなく、大半の人は、他国で成功し、その成功後にシンガポールに移住してきています。

勘違いしてはいけないのは、決して、シンガポールで一から働き始め成功を収めたわけではありません。

メディアなどで映し出されるシンガポールでの優雅な生活は、シンガポールの現地で成功を収めたからではなく、海外で成功をしたからシンガポールへ移住してきた人々です。シンガポール就職を考える前に、心のどこかにとどめておくべきだと思います。

長くなりましたので、次回、幻のシンガポールドリームとシンガポール就職の実態をもう少し掘り下げて書きたいと思います。


| 2013年08月08日 | シンガポール就職 生活情報 | - | - |
| 2015年01月07日 | - | - | - |
Copyright (C) 加熱し続けるシンガポール就職の本当の実態 | 海外就職を目指せ! -海外就職情報ブログ. All Rights Reserved.